2007年04月06日

スープダイエットをするなら

スープダイエットというと「7日間脂肪燃焼ダイエット」が有名です。
このダイエット法は心臓の外科手術の前に安全にしかも急速に体重を減量するために行われているものです。
このスープダイエット法は短期間で脂肪燃焼を行います。スープダイエットは簡単に作れる野菜スープを毎日、好きなときに好きなだけ食べます。なお、ダイエット期間中は、炭酸飲料、アルコールは禁止となります。

ダイエットスープの作り方は、玉葱大3個、ピーマン1個、セロリ一本、キャベツ大半玉、ホールトマト1缶、チキンスープの素1個を使います。野菜を食べやすい大きさに切り、大きな鍋にホールトマトとスープの素を一緒に入れ、材料がひたひたになるくらい水を入れ10分位煮ます。野菜が好みの柔らかくなるまで煮て、途中で水が減ったら足します。
味付けは好みに応じて塩、こしょう、チリソース、カレーパウダーなどを使います。

スープの食べ方

第1日目は、スープとフルーツだけを摂るようにし、バナナ以外であればフルーツは何を食べてもかまいません。

第2日目はスープと野菜だけの日とします。

野菜は豆、スイートコーン以外とし、油を使わないで調理します。

夕食はベイクドポテトを食べてもかまいません。

第3日目はスープとフルーツと野菜を好きなだけ食べてもかまいませんが、ベイクドボテトは食べないようにします。

第4日目はスープとバナナ3本、500mlの水に溶いたスキムミルクとし、水を多めに飲みます。

第5日目はスープと肉(豚肉か皮なしの鶏肉か煮魚を350g〜700g)とトマト(6個まで)を食べます。

第6日目はスープと牛肉と野菜の日とし、ベイクドポテトを除く野菜を食べてかまいません。

第7日目は玄米と野菜と果汁100パーセントのフルーツジュースとし、最低一杯はスープを飲みます。

脂肪燃焼ダイエットで気をつけることは、野菜スープはいつでも好きなだけ食べてください。

スケジュールにどおりに決められた食べ物を7日間食べます。飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、スキムミルク(無脂肪乳)のみです。ダイエットの途中で肉を食べますが牛肉の代わりに赤身の豚肉や油で炒めない鶏肉(皮・脂身は除く)、煮魚を食べてもかまいません。

パン、揚げ物など小麦粉を使ったもの食べないでください。お酒は体内の脂肪の排出を邪魔するので飲まないでください。アルコールを飲んでいる場合は24時間経ってからスープダイエットを開始してください。炭酸飲料は禁止です(ダイエットコークも)。砂糖などのすべての甘味料も禁止です。
posted by ダイエット at 21:35| ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策済みテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。